meishi

就活グッズの1つとして重要なのが名刺入れです。

大学生で自分の名刺と名刺入れを持っている人なんて学生団体やサークル活動に精を出したよほど意識が高いリア充学生か、営業のバイトで大学生ながら社畜を経験した人くらいでしょう。

就活では社員の人から名刺をもらう機会も多いです。その時に名刺をポケットに入れたり、財布に入れてはかっこ悪いし、何より相手に対して失礼です。

就活は名刺入れを買ういい機会なので、今回は名刺入れの選び方について解説していきましょう。

名刺入れの選び方

ここでは名刺入れの選び方について解説していきます。

高級ブランドの名刺は避ける

たまに高級ブランドの名刺入れを買う就活生がいるのですが、高級ブランドの名刺入れは避けましょう。

特に名刺入れの表面に堂々と見せつけるかのようにブランドロゴが入っていたり、某有名ブランドのような特徴的な柄があるものは絶対にNGです。社員からすると就活生のくせに生意気だと思ってしまうこともあるからです。

高級ブランドの名刺入れを見て、「おっ、こいつなかなか物を見る目があるな」なんて思ってくれる社員は1000人に1人いるかどうかです。就活生が高級ブランドの名刺入れを使ってメリットになることなんてほとんどありません。百害あって一利無しです。

そのため、高級ブランドの名刺入れは避けるようにしてください。どうしても欲しければ就職後に購入するようにしましょう。

派手な色は避ける

女性に多いのですが、ピンクや水色など比較的派手な色の名刺入れを就活で使うのはやめましょう。

たしかに可愛いかもしれませんが、あまり派手だと落ち着きがないですし、悪い意味で目立ってしまうこともあるからです。

派手な色も避けたほうがいいですが、キャラクター物もやめましょう。派手な色と同様に落ち着きがありませんし、とても子供っぽく見えます。

就活の名刺入れを選ぶ時に重要なのは可愛いかどうかではありません。TPOにふさわしいかや、相手の名刺を入れる器として相手に失礼が無いかどうかです。派手な色やキャラクター物の名刺入れは避けてください。

名刺はブラックかブラウンのものを選ぶ

派手な色やキャラクター物は避けたほうがいいという話をしました。

では、どうのような色を選ぶかというと、基本的にはブラックやブラウンといった落ち着いた色を選んだほうがいいでしょう。

社会人の多くもブラックやブラウンの名刺入れを利用しています。人と同じものは嫌だとか地味な色は嫌というわがままはこの際封印してください。名刺入れの色はブラックとブラウンがスタンダードなのです。

派手な色だと逆にこの人は大丈夫かなと心配してしまいます。社会のほとんどもブラックかブラウンの名刺入れを使っているので、就活生もブラックとブラウンの名刺入れで全く問題ありません。

名刺入れの色はブラックかブラウンにしましょう!

金属製・プラスチック製は避ける

名刺入れの素材も様々ですが、金属製やプラスチック製の名刺入れは避けましょう。

金属製の名刺入れは社会人でも使っている人がいますが、あまり一般的ではありません。プラスチック製の名刺入れは安っぽく、なんだか子供っぽい印象を与えます。

金属製の名刺入れは確かに見た目がスタイリッシュでかっこいいですが、実際に使ってみるとすぐに指紋まみれになるので非常にダサイのです。しかも名刺もあまりたくさん入らないものが多いので使い勝手もよくありません。

プラスチック製の名刺入れは変わったデザインが多いので、人と違った物が欲しいというタイプの人が買ってしまいがちですが、風変わりな名刺入れが就活でプラスになることはほぼ無いのでやめておきましょう。

名刺は革製のものを選ぶ

金属製やプラスチック製ではない名刺入れで選ぶべきは革製のものです。名刺入れの色はブラックかブラウンがスタンダードだと説明しましたが、素材に関しては革がスタンダードです。

ブラックかブラウンの革製の名刺入れが基本であり、社会人の多くも使っています。就活生もブラックかブラウンの革製の名刺入れを選んでおけばまず間違いありません。

変わった名刺入れよりははるかにいいです。就活用の名刺入れを選ぶ時は、これらのポイントに注意して選ぶようにしてください。

名刺交換のマナー

名刺入れを購入したら、次は名刺交換のマナーについて学んでいきましょう。ここでは名刺交換の仕方やマナーについて簡単に解説していきます。

名刺は両手で差し出す

基本中の基本ですが、名刺は両手で差し出すのがマナーです。片手で「おっすよろしく」みたいな感じで差し出すのはNGなので絶対にやめましょう。

名刺入れが邪魔な場合は名刺を取り出して名刺入れをポケットにしまっておきましょう。差し出すときと同じで、相手から名刺を頂くときも両手で受け取るのがマナーです。

片手で「あざーす」みたいな受け取り方は大変失礼ですので気をつけてください。

名刺を受け取るときは「頂戴します」と一言添える

名刺を相手から頂くときは「頂戴します」と一言添えるのがマナーです。「ども」や「あざす」は論外なので気をつけてください。

意外にこの「頂戴します」を言えない学生が多いので、いざという時にちゃんと言えるように日頃からイメージトレーニングをしておいてください。

学生なので「ありがとうございます」でもいいですが、やはり相手は社会人なので社会人と同じように交換しましょう。

目下の者から名刺を差し出す

名刺を交換する時は目下の物から先に「〇〇と申します」と差し出すのがマナーです。目上の人が後から名刺を差し出します。

就活では就活生は一番目下です。言うなれば猿山の最下層に位置する奴隷です。つまり、就活で名刺交換をするときは相手が誰であっても自分から差し出すと覚えておけばいいでしょう。

名刺交換は立って相手の前でする

もし座席に座っているタイミングで名刺交換をするときは必ず立ち上がりましょう。座ったまま名刺交換するのは相手に大変失礼です。

もし相手と机をはさんで向かい合っている場合は自分から立ち上がり、相手のもとに行きましょう。

いちいち移動するのも面倒かとは思いますが、目下の人間から率先して相手に駆け寄って名刺交換するのが基本です。名刺交換は必ず立って行うようにしてください。