42

大学生になると一人暮らしを始める人が非常に多くなります。地方出身の学生や、大学から家までの通学時間が長い学生が一人暮らしを始めるからです。

一人暮らしには何かとお金がかかります。平均的な一人暮らしにはどれくらいお金がかかるのでしょうか?今回は大学生の一人暮らしにかかる費用について解説していきます。

大学生の支出は学費と生活費がある

まず、大学生の費用は大きく2つに分けることができるということを覚えておきましょう。

その2つとは学費と生活費です。国立か私立かにもよりますが、一般的な大学生の場合学費だけで年間100万円以上かかります。平均すると大体110万円〜120万円くらいが多いです。一ヶ月換算すると月10万円ほど学費だけでかかる計算になります。

国立の場合はもっと安くなりますが、逆に医学部など一部の学部はもっと高くなります。もし学費も親ではなく自分で支払うというのなら、この学費の負担は相当重くなります。

もう1つの費用が生活費です。

大学生の費用はこの生活費と学費を合計したものになります。割合としては生活費と学費は半々くらいになります。

つまり、生活費も年間100万円以上かかります。もし生活費も学費も自分で賄うというのなら、年間250万円近く用意しなくてはいけないことになります。

生活費の内訳

学費の内訳は学校によって全く異なるのでここでは扱いません。ここでは生活費の平均的な内訳について項目ごとに解説していきます。

食費: 約2万2000円

平均的な大学生の1ヶ月の食費は2万2000円となっています。しかし、実際に食費2万2000円で生活しようと思えばかなりきついです。

1日1000円、1食あたり約300円で生活したとしても月3万円はかかります。月2万2000円だと1食200円ちょっとです。正直、1食200円は仙人にでもならない限りきついです。

私の経験上、朝食200円、昼食500円、夕食500円で1日1200円ほどは欲しいところです。カップヌードルだけで生活するなら話は別ですが、普通の食事をしようと思えば月3万5000円ほどは必要になるということを覚えておきましょう。

住居・光熱費: 約4万円

食費と同じく主要な出費が住居費と光熱費です。光熱費や水道費などは月5000円ほどが一般的で、残りの3万5000円が住居費ということになります。

大学の立地にもよりますが、部屋の家賃は3〜4万円台に抑えている大学生が多いようです。家賃7万円や8万円と言うと大学では貴族扱いされます。

実際、そこそこ裕福な家庭でないと子供の家賃だけで7万円出すというのは難しいです。一人暮らし用の部屋を探しているという人は、4万円台を基準にして部屋を探してみましょう。

ただし、女子大学生の場合は安い賃貸物件だとセキュリティの面で不安があると思いますので、5万円〜6万円台を目安にして賃貸物件を探すと良いでしょう。

通信費:約8000円

通信費とはいわゆる携帯代のことです。もしインターネット回線やポケットWi-fiを持っているならその費用もこの通信費に含まれます。

ほとんどの大学生は通信費を1万円以下に抑えているようです。ただ中にはスマートフォンでプレイするゲームに課金して多額の請求に苦しむ大学生もいます。

私のバイト先の友人は課金しすぎてしまい、1ヶ月で20万円の請求が来ました。ただのアホです。それ以来彼の姿は見ていません。

娯楽費: 約1万2000円

娯楽費の中には飲み会や仲間とのボーリングなど友人との交際費が多く含まれています。

平均的な大学生は月1万円2000円ほどを娯楽費として使っているようです。1週間に換算すると週3000円ほどになるので、飲み会1回くらいですね。私の実感としてもこれくらいかなと感じます。

中にはパチンコなどのギャンブルにつぎ込んでしまう大学生もいます。ギャンブルにはまるとこの娯楽費が一気に跳ね上がります。

あと男子大学生の中には風俗遊びにはまってしまう人も多いです。風俗はサービス内容にもよりますが1回5000円から1万円ほどかかります。もっと高くなることもあります。

そうなると月5万円くらい平気で飛んでいきますので、風俗遊びにハマった大学生の中にはサラ金から借金している人もいます。

風俗とギャンブルは度が過ぎると身を滅ぼすので男子大学生のみなさんはくれぐれも気をつけてください。

雑費: 約1万4000円

雑費とは日常品など細々とした出費のことです。一人暮らしをすると気づきますが、この雑費というのは意外にバカにできない出費になります。

ボールペンやノートをはじめ、書籍など必要な物を購入すると毎月結構大きい出費になります。親と同居していると親が買ってくれることが多いためあまり意識しないため、この雑費のことまで生活費の計算に入れていない人は多いです。

私もその1人で、ドン・キホーテでガムテープを購入して200円かかった衝撃は未だに忘れていません。以前までは気にせずどんどんガムテープを使っていましたが、その経験以来ガムテープを使うのにも慎重になりました。

そして、この雑費を計算に入れていないために生活が思ったより苦しくなるということはよくあるのです。初めて一人暮らしを始めるという学生の方はこの雑費まで必ず計算に入れておきましょう。

大学生の収入の内訳は?

学費と生活費を合計すると250万円近くかかるという話をしました。もちろん、大学生が1人でそれを全部用意できる訳がありません。

中にはアルバイトの鬼となり、1人でやり繰りしている学生もいますが、大抵は親の援助や奨学金で生計をたてています。一般的な大学生の収入の内訳は以下の通りです。

仕送り:約12万円

家庭からの援助の平均が月12万円となっています。私の実感としては月10万円という大学生が多かったように思えます。最近は親の所得も下がっているので、仕送りの金額も下がってきているようです。

ちなみに、この仕送りには学費援助分も含まれます。私立の場合、家賃と学費だけでも仕送り額と同じくらいかそれ以上の出費となります。

奨学金:約4万円

親の所得が下がってきているため、奨学金の利用者も増えています。大学生の5割が奨学金を利用しているというデータもあります。

奨学金と親の援助で年月16万円ほどの収入がある計算になります。つまり、月換算した学費と家賃を差し引いて少し余るかどうかというくらいになります。

アルバイト:約2万5000円

奨学金と仕送りで足りない分はアルバイトで賄います。アルバイトの平均収入は月2万5000円ほどとなっています。一般的な大学生は月2万円から5万円ほどアルバイトで稼いでいる人が多いです。

私の経験上、そこそこの生活をしようと思えば月5万円ほどは必要になります。2万5000円だと仕送りの額が多くないと少し厳しいかもしれません。

まとめ

平均的な大学生の生活費は9万円ちょっととなっています。これに授業を加えると月20万円かかるかかからないかくらいのラインです。このように、大学生の一人暮らしは結構お金がかかるものです。

もし実家が通学圏内にあるであれば、無理して一人暮らししないほうが経済的には豊かな生活を送ることができるので、社会人になるまで一人暮らしは我慢したほうがいいかもしれません。